無店舗型の業者でクレカ現金化!必要書類は?

menu

無店舗型の業者でクレカ現金化!必要書類は?

HOME » 無店舗型現金化とは » 無店舗型の業者でクレカ現金化!必要書類は?

今回は、店舗型のクレジットカード現金化業者で現金化をする際の、必要書類について解説したいと思います。
この必要書類というのは、免許証や住民票、健康保険証、住基カードなど、身分を証明する物のことです。
店舗型の現金化業者であれば、これらの身分証を持参して提示することができるのですが、無店舗型の場合は来店しないので持参することが不可能です。

ではどうやって、身分証を提示すればいいのでしょうか?
オンライン経由でキャッシングカードを作った人は分かるかもしれませんが、免許証などの身分証は、画像を送信して受理されます。
スマホやタブレットで写した画像を業者に送るのです。
現金化業者のホームページから申し込みを行うのですが、その申し込みのところに、画像をアップロードする欄があるかと思われます。

身分証の画像はJPEGで保存し添付をします。
添付が割れば必要事項をきちんと書けているか確認して送信をし、これで申し込みが完了となります。
この際画像が不鮮明だったり、画像の端が欠けていたりする場合は、撮り直してほしいと通知がくるかと思われます。
免許証を提示した場合、免許証の番号は相手側に控えられると思いますが、これはリサイクルショップでも同じように番号を控えられるので、心配するほどのことではありません。

身分証の提示が終われば次は、クレジットカードを使って買い物をします。
買い物は業者が指定するオンラインショップで、商品を選び決済をします。
これらも全て自宅のパソコンやスマートフォンで取引をすることができるため、スムーズに手続きが進んでいくことでしょう。

商品を選んだらクレジットカードで決済をするのですがこのとき暗証番号を入力する必要があると思いますが、この暗証番号は相手側に知られることはありません。
通常のショッピングと同じように、暗証番号を入力するだけのことです。
決裁が終われば今度は振込金額が決定して、利用者の口座へお金が振り込まれる流れとなっています。
無店舗型のクレジットカード現金化業者は、ここまでの流れが非常にスムーズに進みます。
店舗型の現金化業者より手続きスピードは早いかもしれませんので、信頼できる業者を一つ探しておくと良いでしょう。