無店舗型業者でクレカ現金化を安全にやる方法

menu

無店舗型業者でクレカ現金化を安全にやる方法

HOME » 無店舗型現金化とは » 無店舗型業者でクレカ現金化を安全にやる方法

今回は、無店舗型業者でクレジットカード現金化を安全に行う方法を紹介します。
「安全に」といっても、公安委員会に許可を貰っている業者を利用すれば、ほとんど危険な目に遭遇するようなことはないのですが、初めてクレジットカード現金化をやる人の中には、知らずに悪質な業者と取引をしてしまうケースも考えられますので、 まずは安全な現金化業者の選び方についてお話ししたいと思います。

基本的には、正規の業者は先ほど書いた通り、公安委員会の許可を持っています。
これは、警察署に届け出ることによってもらえる古物商の免許のことです。
古物商の免許がある業者は、暴力団や闇金が運営している業者ではないということがわかります。

次は、口コミで安全な業者を選ぶということです。
知り合いで利用した人がいればその人から話を聞くのが一番いいのですが、そういう人がいなければ、インターネットで「現金化 口コミ」や「現金化業者 評判」といった感じのキーワードを検索して、評判の良い現金化業者を見つけます。
口コミが100パーセント信じられるのかと言えば、そうではないかもしれませんが、口コミが多い業者は利用者も多いということが分かるため、その内容を確かめてから利用するのが安全です。

利用する際には、まずは1万円程度の少額の現金化から、申し込んでみるのが安全だと思います。
あまり高額な金額を最初から申し込んで、その業者が悪質な業者だった場合は、取り返すのが難しくなるため、小額から慎重に申し込みを行うのです。
一度取引をして、サービスの安全性が確認できたら次からは安心して、その業者と取引ができるかと思われます。

あと、注意点として、その業者が詐欺業者ではなくても、還元率が他社と比べて低く設定されている場合もあるので、気をつけなければなりません。
平均的な相場として1万円を現金化した場合は、大体7割から8割の還元率を基準にしておくといいでしょう。
9割を提示している業者でも、少額の取引だとその程度の還元率です。
相場を知っておけば、申し込んだ時に損をすることはありませんので、ぜひ参考にしてみてください。