無店舗型vs店舗型!クレカの現金化を比較

menu

無店舗型vs店舗型!クレカの現金化を比較

HOME » 無店舗型現金化とは » 無店舗型vs店舗型!クレカの現金化を比較

今回は、無店舗型と店舗型のクレジットカード現金化業者を比較して、それそれの特徴を解説していきます。
まず、店舗型のメリットについての説明です。
店舗型の現金化業者は、対面式で手続きを行い、現金をその場で渡されるので、無店舗型より安心感があります。
無店舗型の現金化業者の場合は銀行振り込みになりますので、始めての取引だと振り込まれるまでハラハラする人もいるでしょう。

ちなみに無店舗型の現金化業者に申し込んだ場合、振り込まれるまでに10分程度かかります。
大した待ち時間じゃないので、気にならない人は無店舗型でも大丈夫だと思いますが、心配な人は現金手渡しの店舗型業者を選ぶといいでしょう。

次は、無店舗型の現金化業者のメリットについてです。
無店舗型の業者は、還元率の高さと手続きのスムーズさに強みがあります。
還元率の平均は店舗型より1割程度高く、 振り込みまでの審査が早いというのが特徴です。
現金は手渡しではありませんが、手渡しと相違ないほどのスピードで振込が行われます。
サービスは両社ともさほど違いはありません。
ただ、全国どこにいても現金化を申し込めるので、利便性が高いのは無店舗型の方です。
利用者の中には、無店舗型のクレジットカード現金化サービス があれば、店舗型を利用することはないという人もいるぐらいなので、今後は無店舗型の現金化業者の方が主流になってくるかもしれません。

ただ、無店舗型の現金化業者とのやり取りは、先ほども書きました通り、顔が見えない取引です。
そのため、業者に現金化を申し込むにあたって、そこが信頼できる業者なのかを見極めないといけません。
悪質な無店舗型の現金化業者に現金化を依頼したところ、1日待っても現金が振り込まれなかったケースも報告されているようです。

もちろん店舗型にも怪しい業者はいますが、無店舗型の方が形の無い取引になりますので、悪徳業者の数は多いです。
ですから、無店舗型のクレジットカード現金化業者を利用する時は、創業年月日や営業許可証などの有無を、しっかりリサーチしてから申し込みをするようにしましょう。